怒ると伸びない?正しい教育方法

怒って突き放すばかりでは無意味

先生が生徒を叱る、上司が部下を叱るなどどこの世界にも叱責は存在し緊張感を高めています。叱責は必要不可欠だと言えます。何らかの失敗をしたとしても上の立場の人間がニコニコしているようでは緊張感が失われますし、失敗した人間もそれを糧にして成長することができません。
問題なのは、叱責して突き放すだけの場合です。怒られた人間は、自分は不必要な人間なのかと落ち込みますし、場合によっては鬱憤を晴らすためだけに怒鳴られているのではないかと不信感を抱く可能性もあります。精神的な落ち込みや不信感が続くと、仕事のモチベーションも下がりますし上司が嫌になって退職するかもしれません。きちんと部下の状態を見極めて時にはフォローも必要です。

正しい叱り方は部下によって違う

すべての人間は感情や考え方が違うので、どんな教育方法が適しているかは上司が見極めるしかありません。厳しく大声で叱責した時に、気持ちが萎縮して元気がなくなる社員もいますし、厳しく叱責されたので逆に気分が高揚してやる気がみなぎる社員もいます。一般的には怒られてやる気が無くなるような社員は社会人として甘いと言わざるを得ませんが、人間なので限度を超えれば精神的な病へと繋がるケースがあるので注意しなければいけません。
場合によってはパワーハラスメントとして大きな問題になるので、発する言葉も侮辱的ではないかよく考える必要があります。期待している、もっと成長してほしいから怒っているなどの理由をきちんと伝えれば、問題ありません。

© Copyright Full-time Employees. All Rights Reserved.