できる先輩とできない先輩はここが違う!

あなたの周りにいるできる先輩とできない先輩

できる先輩とできない先輩の違いは何か?入社当初の新入社員には、見分けることが難しいかもしれませんが、それも時間の問題で、次第に両者の違いが分かってくると思います。
ひとえにできる先輩といっても、仕事によってそれぞれ基準が異なるかもしれません。とはいえ、どんな仕事においても共通するできる先輩像はあるはずです。たとえばあなたが思うできる先輩は、どこの現場に行ってもできる人であるでしょう。まったく違う職業に就いたとしても、その持ち前のスキルで、日に日にできる人へと成長していくはずです。一方で、できない先輩はおそらくどこにいってもやっぱりだめでしょう。
そこで以下では、できる先輩全員にあてはまる共通項は何か、を探っていきたいと思います。

できる先輩は何が普通と違うのか

できる先輩は何が普通と違うのか、大きく3つに分けることができます。
まず、できる先輩は仕事が早いことが挙げられます。その場でできることはその場で確実に終わらせます。仕事を後には引きずりません。長期的な仕事についても同様で、結果から逆算した計画を立てて、その日にできることを確実に遂行していきます。
次に、できる先輩はコミュニケーション能力が非常に高いです。自分の好き嫌いで人を判断せず、誰とでも同じように接します。なので、当然、周りからの信頼は厚く、いつでも仕事仲間とコミュニケートできる状況を作り上げています。
最後に、何か一つの能力に長けているのが特徴です。その能力とは、才能や専門的なものに限らず、人間性やリーダーシップも含まれます。要は人を惹きつける魅力を持っているのです。

© Copyright Full-time Employees. All Rights Reserved.