辞めさせないための教育とは

なぜ社員は辞めたのか

なぜ社員は辞めたのか?キャリアアップや健康上の理由、結婚、妊娠を期に辞めたのであれば、別に問題はありません。それはどこの会社でも起こることです。しかし、社員教育が原因で辞めたとなれば、話は変わってきます。つまり、同じ教育方法を繰り返す限り、社員は入っては出ての繰り返しとなるからです。せっかく手塩にかけて育てた社員も、辞めてしまえば何の意味もありません。
社員を辞めさせたくなければ、一度、社員教育を疑ってみる必要があります。たとえば、良かれと思って実践していた教育手段が、社員に相当な負荷を与えていた場合、それは教育を超えてパワハラになる可能性もあるのです。
それでは、どのような社員教育がよいのか。以下、具体的に検討してみたいと思います。

辞めさせないためにはどうすればよいか

まず、どうすれば社員が辞めないかは、いわゆるブラック企業を反面教師とすると分かりやすいです。つまり、社員を辞めさせたくなければ、ブラック企業のように、社員を代替可能な駒として扱わないことです。社員を人格を持った1人の人間として尊重するという、至極当たり前のことを実践することが何よりも大切なのです。
また、ベンチャーからのし上がった企業によくある例として、社長自らしてきたことを社員にもにやらせる場合があります。この場合も社員の辞める可能性大です。社長の理念に社員がついていけないくて、辞めてしまうのです。別に社長が言っていることは間違ってはいないのですが、社員への要求度が高すぎるのです。したがってこういう場合は、それでもなおこの会社で働きたいと思わせるようなインセンティブを社員に与えない限り、離職を止めることは難しいでしょう。
さらに、一般の企業でも慢心は禁物です。昔の常識は今の非常識といわれるように、時代に合わせた社員教育を形成していくことが、社員を辞めさせないために重要となります。

© Copyright Full-time Employees. All Rights Reserved.